遺品整理の相続トラブルと遺言書について

PR|倉敷市の霊園はこちらがお勧め大阪でリノベーションをお考えなら

遺品整理のトラブルを防ぐためには?

先日父が亡くなりました。本人の希望で海洋散骨を行い粉骨サービスなどを利用して遺骨の供養を終え大阪での葬儀が終わって少し落ち着いて、ようやく遺品の整理に手をつけられるようになりました。

私の場合は兵庫県で評判の遺品整理業者さんにお願いしましたが、遺品の中でも廃棄するものや、再利用するもの、それに形見として遺族が取っておきたいものもあるでしょう。遺品整理ではこれらの遺品をしっかり分類しなければなりません。

遺言書の写真
手書きの遺言書

この過程で遺言書や様々な貴重品が見つかることがあります。
遺書や貴重品は相続において非常に重要で、相続トラブルを引き起こす1番の原因です。

遺品整理の過程で遺書や貴重品を見つけたら決して1人で処理せず、相続する人全員でどうするべきか話し合いましょう。
私の父が逝去した際は、姫路でお世話になっている顧問弁護士にも相談しました。姫路に住んでいた時離婚した際もそちらの弁護士さんには大変お世話になりました

遺言書の効果

亡くなられていた方がどうして欲しかったのかという意思を理解するためにも遺言書は重要ですが、遺言書は貴重品や財産の相続にも影響します。

遺言書は自分たちで開封せず、家庭裁判所に持っていかなければなりません。
自分で開封することが許されている場合、偽造すること簡単になってしまうからです。勝手に開封した場合、5万円以下の罰金が取られる可能性があるので注意してください。

相続全般を通して、亡くなられた方の意思を優先するという意味で遺言は強力な力を発揮します。もし仮に遺産分割後でも遺言が発見されればやり直すことさえあります。

貴重品等の一般的に価値が認められるもの以外でも、故人や遺族に取って大事にしていたものなら遺言で指示されている可能性が高いです。一般的に価値が伝わらないために、裁判で争うのが非常に難しくなります。

遺言書が複数見つかることもあるので、1通遺言書が見つかっても新しく遺言書が出てこないか注意しながら遺品整理を行いましょう。
ちなみに、2通以上の遺言書が見つかった場合、より新しい方が遺言書としての効力を発揮します。

まとめ

遺品整理の過程で遺言書が見つかることは珍しくありません。もし遺言書を見つけた場合、故人の意思を尊重するため、自分の利益を考えずにまずは親族に遺言書の存在を公表しましょう。
また、自分の死後、親族の間でトラブルになりそうなことが予測される場合、事細かに遺書を書き、安全な場所に保管するか、弁護士や司法書士に預けるなどしておいた方が良いかもしれません。

女性向けエステ.com|AGAでお悩み解決|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|生命保険の選び方|美容と健康女性ランキング|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性のための薄毛治療研究会|マッサージのリアル口コミ.com|会社経営に必要な知恵袋|