相続税の課税対象財産とは

相続税なのですがどのような財産が相続税の課税対象となるのかというのは割と一般人の人は知らないということが多かったりします。全ての財産がそうなのではないかと思うかもしれませんがみなし財産と言われるものもありますし、明確に金銭的に価値があるものでもこれは相続財産ではあるが課税対象にはならないというようなものもあったりします。

みなし財産というのは保険金とか退職金などの財産のことを言います。定期金に関する権利などを相続することになる財産となるわけで、これは例えば年金保険などの年金の受給権利といったようなものの相続が可能である場合にはこれも立派な相続財産になります。これらに対して相続税がかかるということになるわけですがそれそれぞれに控除額が設定されていることがあります。例えば生命保険であれば相続人一人当たりに対して500万円まで非課税となります。基礎控除も含めたりしますが実際には結構な金額を生命保険で非課税にして受け取るということが可能になっているわけです。こういうやり方で相続するととてもお得になります。