遺品整理はいるやるのが正解?おすすめのタイミング3選

遺品整理に関しては明確な時期は決められておらず、一般的にこの日に行うというのもありません。遺品整理を行う時期はいつでも良いのです。

しかし、それだといつ遺品整理をしていいのか分からず、いつまでも遺品整理が終わらないまま、なんてこともあります。
そこで今回は遺品整理のタイミングについて、おすすめの時期3つを紹介します。

亡くなってから気持ちの整理が付いたタイミングでの遺品整理


遺品整理をいつしても良いということから、亡くなってから自分の気持ちに整理が付いたタイミングでできることが理想です。遺品整理は時間がかかるため、余裕のある時にまとめてやってしまうのが良いでしょう。業者に頼むことで、遺品整理の時間を大幅に減らすことも可能です。

法事のタイミングでの遺品整理


次のおすすめタイミングは法事です。中でもおすすめなのは四十九日法要の際に行うことです。

死後すぐは気持ちの整理が付かなかったり、落ち込んでしまうために中々遺品整理をすることができません。ある程度傷が癒える四十九日法要であれば遅すぎるということもないのでおすすめです。

また、相続する人が集まることでトラブルを防ぐという意味でも、個人の思い出を振り返ったりするという意味でも、親族の集まるタイミングで遺品整理を行うのが良いでしょう。四十九日法要であれば遺族が集まることが多いですが、四十九日法要以外にも親族が集まる機会があれば、時間のある時に遺品整理を行うのが良いです。

亡くなってすぐの遺品整理


遺品整理は好きなタイミングでできますが、故人が賃貸で暮らしていた場合、早めに遺品整理を行うべきです。

遺品整理に時間がかかってしまってはその分の家賃を払わなければなりません。また、管理会社や大家さんからもなるべく早く遺品整理をして欲しいと言われることもあります。
賃貸の場合、法律の専門家やネットで調べるなどして、すぐにでも遺品整理を行うようにしましょう。


まとめ


遺品整理はいつ行っても良いので、好きな時にやることをおすすめします。ただ、なるべく親族が集まれるタイミングで行いましょう。