相続税が発生するのはいくらから?

相続税は、遺産を相続する人すべてにかかるのではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし相続税というのは、実は、ある一定水準以下の場合は税金が発生しないことになっているのです。その水準とは、「3,000万円+法定相続人の数×600万円」であり、正確に言うとこれは相続税の基礎控除というものになります。そのため、例えば法定相続人(子供など)が1人しかいない場合は3,600万円で、2人いる場合は4,200万円が基礎控除の額ということになります。

つまり、法定相続人の数が多いほど基礎控除の額(税金が発生しない水準の金額)も増えるということです。このことから分かるのは、遺産総額が3,600万円以下の場合であれば、そもそも相続税がかからないということです。したがって、仮に遺産総額が1,000万円しかない場合は相続税が発生しませんし、そのことを考えたり対策を取ったりする必要はないということになります。相続税が問題になるのは、いわば富裕層などの多くの資産を保有している人ということになるでしょう。