相続放棄をするなら遺品整理は注意

相続というのは借金のようなマイナスの財産も含まれます。そのためマイナスの財産については相続放棄をする人が少なくありません。そうすれば遺族の借金を代わりに返済する必要が無くなります。ところで相続放棄をすることに決めている場合は、遺品整理には注意しなければなりません。遺品整理をすることで財産を単純承認したとみなされ、相続放棄ができなくなってしまう可能性があるからです。手紙や写真など、一般的には価値がないものは形見分けが許されますが、しかしどのように判断されるか確かな保証があるわけではないので、相続放棄が受理されるまで遺品整理はしないほうが無難です。賃貸に住んでいた場合でも、早く部屋を片付けなければ迷惑をかけてしまうと考える人が多いと思いますが、相続放棄をすれば原状回復の責任が無くなります。裁判所で選ばれた管理人が処分してくれるので心配はありません。余計なことをしてしまい、財産放棄が認められなくなったら元も子もありません。