遺品整理と相続について

遺品整理での相続税の注意点がいくつかあります。相続税は、財産を相続するときに支払う税金のことです。住宅、預貯金、車、すべてお金に関するものをです。ですが、すべてに税金がかかるわけではありません。相続した財産から、府の財産を引き、基礎控除額を差し引いたものに税金がかかります。親族がなくなり、問題が起こるのはほとんどお金に関することです。もし、故人が多額の負債をかかえていて、プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多い場合は、遺産放棄することもできます。その場合には、自分自身に相続の権利が出てから、3か月以内に相続放棄を申請しなければなりません。相続放棄は、故人が有していた財産に関するすべてのものを放棄しなければなりません。遺品整理をしてはいけません。遺品整理をすると、財産に関する権利を行使する意志があると判断されてしまい、相続放棄が認められなくなる場合があります。遺品整理をするときに、気をつけななければいけない問題も出てくるので、専門の遺品整理業者に依頼することをお勧めします。